今後の可能性を秘めたメディカルアロマ

日本では、アロマテラピーなど、癒しのためのものとしてアロマが利用されていますが、ヨーロッパなどではアロマは医療の場でも利用されています。最近では、日本にもアロマを医療現場に取り入れる動きが出てきました。メディカルアロマという言葉を聞いたことはあるでしょうか。アロマを医療現場に取り入れることで、どのような効果があるかというと、香りによる痛みを和らげる効果や、嗅ぐことで免疫力を高めるなどの効果があります。このように医療現場でアロマを治療として結びつけることをメディカルアロマといい、メディカルアロマの検定なども行われるようになっています。癒しだけでなく治療にも利用できるアロマテラピーは、今後さらに多くの医療機関で取り入れられていくのではないでしょうか。保険がきかないなど、まだ問題点は残りますが興味がある方は学んでおくと役に立つのではないでしょうか。

医療の現場でも注目されているメディカルアロマ

現代人は、さまざまな事が原因となって体の不調が現れるようです。とくに女性の場合、ちょっとしたストレスから生理周期の乱れや肌荒れなどを起こしやすくなります。薬でさままな症状を改善できればいいのですが、治ってもまた同じような症状に悩まされる場合もあります。そこで、自分の体にもともと備わっている自然治癒力を高める方法としてメディカルアロマが医療の現場でも注目されるようになりました。日本では、アロマテラピーは趣味の一つと考えられてきましたが、ドイツやフランスなどでは、自然治癒力を上げる方法として古くから人々の暮らしに溶け込んでいます。その考え方が日本でも浸透するようになりました。また、メディアで認知症の予防にアロマを取り入れると言う方法も取り上げられたので多くの人がメディカルアロマに期待をしています。

メディカルアロマを使った治療

メディカルアロマは現在注目されています。アロマの力で心を元気にしたり、あるいは落ち着かせる力があります。そのため、医療の現場でも注目されています。その中には、芳香療法と呼ばれる匂いを嗅いでもらってやる方法と、直接肌に塗ってマッサージなどをする方法もあります。そのため、その知識を持っている人がメディカルアロマセラピストと呼ばれています。外国では代替医療として取り入れている国もあります。日本でも、介護施設などでアロマの知識を持った人が介護を受ける人とコミュニケーションを取りながら働いています。知識としては、精油の効果や種類などを覚えています。それと同時に、トリートメントの仕方やカウンセリングの技術なども習得しています。そして、資格を取得することで医療の現場など様々な仕事でも活用できるようになります。

少人数制、フリータイム制で、アロマの基礎から資格取得まで目的に合わせて幅広く学べます。 STORY、Oggi、美人百花、LEE等、雑誌掲載多数!趣味を充実させたい方やキャリアを確立させたい方にもご満足いただけるレッスンをご用意いたしております。 リップクリーム、バスボム、クレイパック作り等、どなたでも参加可能な1dayレッスンを毎月開催! メディカルアロマでアロマを仕事にしよう