メディカルアロマの重要ポイント

メディカルアロマテラピーは、現代人に多いストレスあるいは、疲労感の克服という有効性からさらに一歩歩を進め、精油が有している有効な成分をダイレクトに身体の中に吸収することによる有用性も目標にしています。このことは、今までに無い画期的なことであり、その有効性には非常に注目されています。簡単にいいますとマッサージすることによっての精油の有効な成分の身体の中への取込み、そして日本国内では実際のところは許可されていませんが精油を摂取することを実践することや芳香成分を鼻腔からダイレクトに摂り入れるといった切り口によって一段と効果的かつダイレクトな効果に照準を合わせています。すでにあるアロマテラピーからさらに一歩進んだ広範な知識およびメソッドの諸々が毎日の生活の中においての有用性が、非常に期待されています。

メディカルアロマテラピーの基礎知識

メディカルアロマテラピーは天然に生えている植物から取り出したいわゆる精油を素肌に塗りつけて身体にとって有効な成分を身体の中に取り入れる事により、メンタル的や身体的不調を快復させようという植物を有効に活用するケアで、フランスおよびベルギーでは医療という形でも実証されています。精油は数百の自然の芳香の分子成分が寄り集まって生じていて、その身体にとって有効な成分の中には薬理的な有効性を保有しているものがいくつも存在します。ですから、この有効な成分を活用して、健康な身体を回復させようというものといえます。メディカルアロマテラピーにおいては、芳香の分子の成分の薬理的な有効性にスポットライトを当て、どういった身体にとって有効な成分にいかなる効果を見せるか、その栄養成分はどのような精油にたくさん含有されるかなどが考慮されて精油を選択します。

メディカルアロマの特徴について

メディカルアロマテラピーは、その名前が示す通り、医療の現場で活用し行なわれているアロマセラピーになります。アロマセラピーは、メンタル面、そして、身体へ同時進行で、機能させうるホリスティックなケアになります。医療の目的のためのアロマセラピーは、ドクターの主導を介して、精油を主として内服および座薬の形式で利用し、疾病を治癒する為に実施されるものになります。他に補足的な医療のアロマセラピーとしては主としてアロマセラピーをマスターした看護師あるいは他の医療スタッフが病を患っている方の不安そして、心的苦痛の軽減、さらに痛苦の抑制、さらに快復の好転などの為に精油を施術に使っています。また、精油を身体の中へダイレクトに吸収に結びつけるということで全面的に留意しなければならないことは精油の仕上がり具合です。